スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「すごいことをしないといけない」観念でゲームを純粋に楽しむ感覚が失われている?

 私のブログで稀に良くあるように今回もタイトルがよくわけがわからないこととなっていますが、今日は「すごいことをしないといけない」という考え方が私のゲームのプレイスタイルにどういう影響を与えているかについて語りたいと思います。
 実況者の中には、結構私のようなことになっている人は少なくないかも。


○「すごいことをしないといけない」観念について
 ネット社会が発達し、ある分野のプロの人や凄いことをやっている一般人との距離が凄く近くなり、凄いことをやっている人たちの存在がより可視化されるようになって久しいですが、それの影響もあって「私もこの人たちのようになりたい!」「この人たちのように凄いことをしたい」と思う方は増えていると思います。
 ゲームの世界でも、動画サイトで色んな動画が投稿されるようになったことで、凄いプレイを身近に見ることができるようになりましたし、凄い理論が提唱されているのを目にする機会も増えてきました。それに伴って、プレイヤーがゲームにおいて「凄いプレイをしないといけない」とより考えるようになった他、視聴者も凄いプレイに慣れてしまったために簡単には満足できなくなり、その結果「凄い理論を提唱したり、凄いプレイをしたり、凄い記録を出したりすべき」と考える人が多くなったように思われます。


○ゲームのプレイスタイルの変化について
 私自身は、凄いプレイを他人に求めておらず、面白いプレイをしている人がいれば凄いプレイではなくても積極的に見に行きますし、実際よく見る実況者さんは上手い人ばかりではないです。
 しかし、私はこんなブログを書くことから察することができるように結構承認欲求が高い人間ですし、「凄い理論を提唱したり、凄いプレイをしないといけない」「そういうことをしないとゲームをする意味があまりない」という考えが強くなりました。※1
 その結果、
・通常プレイでは満足できない
・ただ自分が楽しむだけでは物足りず、他人を楽しませないと物足りない
・まだ誰もやっていないような画期的な理論を提唱・確立しないと気が済まない
 といったようにプレイスタイルが変化している傾向にあります。
 

○ゲームを純粋に楽しめていない?
 個人的に↓二つは全く問題ないと思っていますし、↓の3つ目もある程度できていますし全くネタに尽きていないので楽しんでやれています。
 しかし、「どういう育成理論を組むべきか」「どういう攻略方法が有効か」「どういう縛りプレイをしたら面白いか」ということばかりを考えて、純粋に新しいゲームを楽しむことができていない気はします。
 そもそも時間的体力的に新しいゲームをやりこむ時間はないですが、新しいゲームをやるときにも「このゲームの攻略方法の確立に自分が貢献できるか」というようなくだらないことを考えてたりしますし、まったりプレイで長い期間ストレス解消に役立てばいいところ、凄いプレイができる見込みがない・凄い理論を確立できないとわかった時点で一気に熱が冷めたりすることが少なからずあります。※2
 普段から別に意識高い系を馬鹿にはしていませんが、意外と意識高い系を笑えないものですね。カッコ笑いではない本物の意識高い系(ただの凄い人)になりたいものです。


※1:関西人によくある「人を楽しませてなんぼ」「他人を楽しませられる人間が偉い」という価値観が影響している気もしますがw
※2:ただ単に歳を取ってゲームに飽きてきたのが理由で冷めやすいというのもありますw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FAMITUNE

Author:FAMITUNE
レトロゲームについてはやりこみプレイヤー、最近のゲームについてはヌルゲーマーの二刀流。
ゲーム(ドラクエ、パワプロ、音ゲー全般)や野球など趣味のことについて好き勝手語るためにブログを新設しました。
ここでは特殊攻略ではなく、普通攻略を書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
迷い猫の数(述べ猫数)
パワプロアプリまとめ
デレステまとめ
リフレクビートまとめ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。