スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音ゲーの精度上げのために意識した方がよさそうなこと

 どの音ゲーをやるにしても、精度上げは極めて重要な要素となっていますし、精度上げで困っているプレイヤーは非常に多くむしろ精度上げで困っていないプレイヤーなどいないというのが実情だと思います。
 「音ゲーの精度上げのためにどのようなことをしたらよいのか」ということは、音ゲーマーにとって永遠に議論となるテーマですが、私が考えたことについて少しばかり書きたいと思います。

 元々、私はスコアを犠牲にしてでもクリアを取りに行くタイプのクリアラー傾向にあり、低難度は最高判定と次の判定が同じぐらい出たり、フルコンしたのにスコアが信じられないぐらい低かったりするなど精度(スコア力)がゴミのようなプレイヤーでしたが、以下のことを意識した結果、かなりマシになりました(なお上級者と比べて凄いとは言っていない)。
 とりあえず、精度上げのために意識すると良さそうなことを書いていこうと思います。


○音をちゃんと聞いてリズム押しする
 「何を当たり前のことを言うんだ」という話ですが、ゲーセンの中はうるさいですしちゃんと音が聞こえないことはままあります。また、難しい曲になればなるほど目でノーツを追うことばかりを意識してリズムの意識が下がってしまうこともままあります。
 リズムをしっかり掴んでいれば簡単な縦連やトリルであっても、リズムの意識が希薄なためにリズムがズレてしまったり先走ったりで精度が落ちてしまうことは珍しくないため、曲の難易度が少しぐらい上がってもしっかりリズム押しができるようにしておく必要があります。
 具体的な練習方法としては、比較的低難度(自分の適性難易度より多少低い)でリズム難でない極端にBPMが早かったり遅かったりしない曲をしっかり音を聞いて、リズム押しを意識してプレイするのがお勧めです。※1
 あとはイヤホンを持参して周りの雑音をシャットアウトするようにした方が良いかもしれません。混んでいない時間帯でプレイするのも有効です。


○4分、8分、16分を正確に刻めるように練習する
 当たり前のことではあるのですが、精度が極めて高い人は、体の中にメトロノームで仕込んでいるのではないかと疑うぐらい4分、8分、16分を正確に刻めています。
 トップランカーほどの安定感は無理でも、しっかりズレることなく4分、8分、16分を刻めるように日ごろからリズム感覚を養っておくのがよいでしょう。音ゲーに楽器演奏のためのリズム感は不要ですが、やはり4分、8分、16分を正確に刻む能力はかなり重要です。難しい曲になってもリズム迷子になることなく、4分、8分、16分を正確に刻めるようになることが、精度上げに極めて役立ちます。
 具体的な練習方法としては、一つ上の同じですが、特に何分なのかわかりやすい曲、ずっと8分が続く曲なんかをやっておくとよいでしょう。


○判定位置を正確に把握する
 これまた基本なのですが、家庭用とゲーセンの筺体ではどのタイミングで最高判定が出るかのタイミングに違いがあるので、定期的にゲーセンに行く余裕がない人・家庭用もゲーセンでもガッツリプレイする人・一日当たりのプレイ数が少ない人なんかは判定迷子になりやすいです。
 ゲーセンに行った1クレ目なんかは判定位置を意識する間もない高難度曲を避けて、判定位置を正確に把握することを意識すると、判定の誤認を防ぎやすくなるためお勧めです。
 ゲームに慣れていても少しゲーセンから離れただけで判定位置の把握が認識と実質で何フレームがずれてしまうなんてことはよくあることですし、毎日のようにゲーセンに足を運ぶわけではない場合は気をつけた方が良いと思います。
 弐寺のあるトップランカーの人は「ピカグレでも早めのピカグレか遅めのピカグレか把握しておかなければならない」と言っていますし、1フレームのズレが大きな痛手となるため判定位置の正確な把握をおろそかにしてはいけません。


○とにかくあわてない
 高難度曲でよくあることですが、ノーツが大量に出てくるととにかく処理をしないといけないと思って精度が犠牲になりがちです。
 あわてるとどうしても早押し気味になって精度が落ちやすくなるため、あわてずに冷静にプレイするよう心がけましょう。


○認識力を高める
 上とも関連しますが、譜面が見切れていない・精度を意識する以前についていくだけで精いっぱいの状況だと、早押し気味になりますし精度をないがしろにしがちです。
 早押し気味なのは、あわてているからといった心理的な問題ではなく、認識が不十分・認識が遅くて間にあっていないといった地力的な問題であることが少なくないので(とにかく精度無視で拾うプレイになりがち)、とにかく認識力を高めることが精度上げ・スコア力向上の鍵となります。
 具体的な練習方法としては、適性難度より少し高い曲を必死にプレイして、とにかく難しい曲に食らいつくのがよいでしょう。難しい曲をやることでブロック認識(複数のノーツを塊として認識すること)やパターン認識の能力が上がり、速さ・物量に慣れることができるため、スコア力・精度だけでなく、クリア力の向上にも役立ちます。


○変に力を入れない、力を入れすぎない、リラックスする
 無駄な力を入れるとどうしてもタイミングが狂いやすくなります。指がスムーズに動きにくくなるため、精度を取りづらくなります。
 「認識力が上がっていて譜面が見えているのに正確に押せていない」という現象がおこりやすくなるため、脱力を心がけましょう。しかし、指を早く動かせないほどに力を抜きすぎるのはダメです。


○同じ曲ばかりやらない
 どの音ゲーをやるかにもよりますが、短期間に同じ曲ばかりプレイしていると、変な癖がつく恐れが高くなりますし、リズムやノーツの順番を間違えて覚えてしまうリスクも上がります(特に弐寺の正規プレイがそう言われることが多い)。
 自分では意識しないうちに脳がさぼりだして、無意識のうちに難所を適当に押しているという事態も起こりやすくなります。
 なので、二週間同じ曲を毎日10回以上するみたいなことは辞めた方がよいでしょう。あまりに短期間に同じ曲を凄い数やるのは危険です(特に段位曲に悪い癖がつくと致命的。)。
 同じ曲をやるにしても、ミラーにする・ランダムをかけるなど癖を作りにくい工夫をして精度を崩しにくくするのがよいでしょう。あまり利用されていませんが、リフレクにもランダムがありますし、maimaiにもミラーがあります。


○ハンクラ動画を聞きこむ、
 誤ってリズムを覚えているのを修正できますし、リズム押しをしっかり意識してプレイできるため、ハンクラ動画を聞きこんだ曲については精度を上げやすくなります。
 特に視認性が悪くリズム押しに頼りがちなリフレクなどではハンクラ動画を聞きこむことの有用性が凄く高いでしょう。


○プレイせずに譜面を見る・研究する
 これも特定の曲の精度上げのためのことですが、間違ってノーツの順番を覚えていたり、誤認識していたのに気付きやすくなります。難所でどのような運指にするか、どのノーツを捨てるかなどの判断をすることで次回以降のプレイの精度上げに役立つでしょう。


○オプションを変えてみる
 正規だと難しいと思ったらランダムをかけてみたり、ハイスピをいじったりしてみてみると精度が上がるかもしれません。


○他人のプレイを見る・他人にアドバイスしてもらう
 運指などで新たな発見が見つかり、精度上げに役立つことも。
 弐寺DPやリフレクのように基本的に運指が北斗の場合、難所でどのような運指をすべきかの参考になります。


○同じぐらいのBPMの曲ばかりやってみる
 1曲目にBPMが140の曲をやって、2曲目に200の曲をやって、3曲目に120の曲をやってみたいなプレイ方法だとどうしても精度が取りづらくなるため、曲のBPMがころころ変わらないように気をつけてみるのがよいかもしれません。


○目線を変えてみる
 認識が遅れているために精度が犠牲になっている・ノーツをポロポロこぼすというときには、目線を上げて早めにノーツを認識できるようにすることを心がけてみるとよいかもしれません。
 逆に、拾うことを意識しすぎていてノーツをしっかり見られていないときには、目線を下げて精度の意識を高めるのがよいかもしれません。
 ソフラン曲ではどこに目線を置くかによって精度の取りやすさが大きく変わるので、その曲の対策としてどこに目線を置くか色々工夫するとよいでしょう。


 音ゲー一般の精度上げ方法についてざっくり考えてみましたが、だいたいこんなところでしょう。
 リフレクなんかは特に曲のリズム把握の重要性が高いので、他の音ゲーよりはハンクラ動画の聞き込みが有用となってくるなど、ゲームの種類によって対策の差がありますが、おおむねこんなところを意識したらよいのではないでしょうか。


※1:プロ野球でも110キロぐらいの遅い球をしっかり捉える練習を取り入れている選手が少なからずいます。
 簡単に打ててしまう遅いボールを打っても仕方ないじゃないかという意見もあるでしょうが、フォームチェックをする・基本の確認をする・体や目を慣らしておくというのは意外と効果があるようで、元中日の立浪選手ぐらいの凄い選手もこの練習方法で打撃成績を大きく向上させたとの証言があります。
 音ゲーのランカーや上級者も、高難度の発狂ばかりやっているわけではなく、基本を確認して調子を保つために比較的低難度の曲をプレイすることが割とあるようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

>十段さん
コメントありがとうございます。
実をいうと私は弐寺はほぼやっていないので、弐寺特有の話については知り合いからの受け売りが多くなりますが、音ゲーについては下手なりに色々と考えてやってますし、音ゲー関係の話は増やしていこうと思ってます!

No title

今現在SP十段です
プレイしてもなかなか上手くなれずこのような記事を探していました モチベに繋がったのでこれからもっと頑張ろうと思います
有難う御座いました
弐寺についてのこういう記事、待ってます!
プロフィール

FAMITUNE

Author:FAMITUNE
レトロゲームについてはやりこみプレイヤー、最近のゲームについてはヌルゲーマーの二刀流。
ゲーム(ドラクエ、パワプロ、音ゲー全般)や野球など趣味のことについて好き勝手語るためにブログを新設しました。
ここでは特殊攻略ではなく、普通攻略を書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
迷い猫の数(述べ猫数)
パワプロアプリまとめ
デレステまとめ
リフレクビートまとめ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。