スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーのPKは野球でいうとどれだけのチャンスなのかについて適当に考えてみた

 野球ファンの中にはサッカーの知識が薄い人が少なくないですが、それなりにサッカーのことを知っている人でも、他の競技との比較でサッカーの各プレーの重要性がどれだけ高いかを説明するのは難しいものです。
 私自身、サッカーをあまりよく知らない方から「PKってどれだけのチャンスなの?」という質問を何度か受けましたし、今回はPKが野球でいうとどれだけのチャンスなのかについて考えてみたいと思います。


○サッカーの一点の価値について
 得点の入りやすい野球を見慣れている人からすると、サッカーのゴールシーンで何故ばか騒ぎするのかわかりにくいところです。
 何故ばか騒ぎするかというと、サッカーは野球より得点が入りにくく(ワンプレーに2点以上取ることも不可能)、1点の重みが重いために1点とるだけで勝利にぐっと近づくからです。
 去年J1のリーグ戦は合計304試合ありましたが、ゴール総数は820で、1試合平均ゴール数は2.679です。1チームあたりだと平均得点は1.34ほどですね。
 それに対してNPBのリーグ戦は合計858試合ありましたが、得点総数は6455で、1試合平均7.523です。両軍合わせ7.5点なので、1チーム平均得点は3.76ほどですね。
 単純計算でサッカーの1点は、野球の2.8点に匹敵する重みがあるのです!


○PKの価値について
 PKの数は1シーズントータルでもそれほど多くなく、1シーズンあたりの成功率はブレやすいのですが、だいたいどの国でも8割と言われています。
 Wikipedia情報だと1993~2013のJ1の成功率が約77%とのこと。
 すると、PKの価値は、期待値でいうと0.77点になります。
 野球でいうと期待値2.15点のビッグチャンスとなります。


○期待値2.15点のチャンスとは?
 2004年ー2013年度の統計をとったところ、ノーアウト満塁で2.5ほど、ノーアウト23塁で2点ほどの期待値となります。いずれも1点以上入る可能性は80%を超えています(85%ぐらい?)。
 期待値2.15に近く得点確率77%に近いとなると、ノーアウト23塁ということになりますね。
<参考>
■得点期待値、得点確率でプロ野球を考えるとどうなるか?~「勝てる野球の統計学」トークライブに向けて(前編)~


○結論
 サッカーのPKは、野球でいうとノーアウト23塁ぐらいやばい!
 「野球は知ってるけどサッカーは知らん」という方には、「ノーアウト23塁ぐらいやで!」と答えるのがおそらくよいでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FAMITUNE

Author:FAMITUNE
レトロゲームについてはやりこみプレイヤー、最近のゲームについてはヌルゲーマーの二刀流。
ゲーム(ドラクエ、パワプロ、音ゲー全般)や野球など趣味のことについて好き勝手語るためにブログを新設しました。
ここでは特殊攻略ではなく、普通攻略を書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
迷い猫の数(述べ猫数)
パワプロアプリまとめ
デレステまとめ
リフレクビートまとめ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。