スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「何故人を殺してはいけないのか」について本気出さずに考えてみた

 つい先日、名古屋で大学生が「人を殺してみたかった」という動機で殺人を行うという事件がありましたが、たまに話題になるネタとして、「何故人を殺してはいけないのか」というネタがあります。
 「そらアカンに決まっている(正当防衛などを除いて)」という話ではあるのですが、ただ「ダメなものはダメ」というよりも、何故ダメなのかについて多少なりとも説得力ある理由を提示した方が望ましいと思われるため※1、ちょっとばかし私が適当に考えたことを書いてみたいと思います。


1.ちまたでよく言われている解答について※2
(1)端的に刑法で禁止されているからという理由でよいのでは?
 刑法199条で殺人が処罰対象とされているからというのは当然一つの答えではありますが、そもそも何故、刑法で処罰対象としているのかを考えてみると、その部分まで意外と答えるのは難しいです。
 おそらくこの問いで真に求められているのはそこの部分の話なので、ただ刑法で禁止しているだけではちょっと理由としては物足りないかなと感じます。
 「何故、古今東西で殺人が重罪として処罰されてきたのか」というところまで踏み込んだ話をすると、より説得力が増すのではないでしょうか(古今東西の話まで私ができる気はしない…)。

(2)逮捕・勾留・懲役なんて嫌でしょ?
 上とも関連しますが、「普通の人なら、人を殺して逮捕されたくないだろ?」というのも一つの答えだと言えます。一般の人なら、身柄を拘束され自由を制限されることが嫌なはずですし。
 ただ、完全犯罪(犯罪が認識されることがない、犯罪として認識されることがない、加害者が起訴されることがない場合)だと、それらの心配がないので、「ばれないなら人を殺して問題ない」という反論はされそうです。
 
(3)自分が殺されたくないなら、他人も殺しちゃいけない
 日本人なら誰でも一度は教わっただろう「人にされて嫌なことをすべきでない」というテーゼから、殺人も禁止すべきと言うことがいえそうです。
 しかし、「自分も殺されていい」というぶっとんだ考えの人には、この理由は通用しそうになさそうです。


2.私が適当に思いついた解答について
(1)社会秩序や治安を乱さないため・無秩序状態を避けるため
 他人を自由に殺害することを許容してしまうと(処罰できないとしてしまうと)、ちょっと気に食わないことがあったからといってすぐ人を殺しても、公的機関から罪に問われないということになってしまいます。
 いつ誰が誰を殺しても加害者を罰する公的機関がないとなると、処罰されないことをいいことに犯罪を実行する者が増えてしまい、紛争地帯と似たような無秩序状態化を招く恐れが強いでしょう。
 報復する自由もあることから、なんだかんだで殺人は抑制されるのではないかとも考えられますが、逆に、「報復する主体である遺族まで殺害してしまえばよい」ということで被害者が増える可能性もあります。
 とりあえず、「人を殺してはいけない」というテーゼを法という強い拘束力をもって強制しておけば、いつ誰が誰を殺してもおかしくないような無秩序状態を防ぎやすいため、無難であると考えられます。※3
 ただ、多くの人にとっては無秩序状態は避けたいと考えるものでしょうが、無秩序の方が嬉しいという人にはこの理由は通用しないでしょう。

(2)大半の民衆が「人を殺してはいけない」との意思を有しているから
 (1)とも関係しますが、人を自由に殺せてしまうと自分自身も殺されてしまうおそれが増大すると思われるため、そんな危険な状態を許容したくないというのが大半の民衆の意思だと思います。
 いつ自分や自分の大切な人たちの命が奪われるかもしれない危険な社会ではなく、平和に生きられる社会で暮らしたいというのが普通の意見でしょう。
 とりあえず、民衆の意見を反映して、「原則として人を殺してはいけない」ことを刑罰をもって強制する方が、人々が平和に暮らせる可能性が高く、大半の民衆にとって都合がよいといえます。 

(3)生命についての処分権は本人のみが有しており、他人がそれを侵害するのは許すべきでないと考えられるから
 最大多数の最大幸福の理論からすると、「一人の生命を侵害することで、二人の生命が助かるのであれば一人の生命の侵害も許容される」という事態になりかねませんが、そのような事態を避けるべき理由として、「生命についての所有権を有しているのは本人であり、処分権を有しているのも本人である。他人が生命の侵害をすることは、本人が有する所有権及びそれに基づく処分権を侵害することになり、許すべきではないという観念が存在する」ということを挙げることがあります。
 上のことは、最大多数の最大幸福の例外として述べられることですが、基本的に合理的な理由がない通常の殺人については、本人の意思に基づかない生命の処分を肯定するだけの合理的な根拠に欠けるため、特に本人が有する生命についての処分権を侵害することは許されないでしょう。※4

(4)殺人を許容すると、経済的・社会的・文化的損害が大きいから
 これも最大多数の最大幸福の理論に絡む話ですが、一人が死亡すると、それだけ労働力が失われ、本来であれば生み出すはずだった利益が損なわれるため、基本的には殺人を認めない方が経済的・社会的・文化的な利益は大きく、経済的・社会的・文化的損害を出さないため、殺人は禁止すべきであるといえそうです。
 端的な意見ですが、経済的合理性があるというのは、経済の重要度の高い現代社会では凄く大きな理由になりそうですね。

(5)人の生命には重大な価値があると一般的に考えられているから
 動物を殺害しても軽い罪にしか問われませんし、虫の殺害など不可罰であることも多いですが、それは動物の生命にはそこまでの重大な価値がないと考えられているからです。
 それに対して、現在の日本で人の生命を故意に失わせると、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役という重罪に問われます(殺人罪の場合)。何故そのような重罪になっているからというと、人の生命にはそれだけの重大な価値があるからと考えられているからです。
 殺人は、その重要な価値を棄損する行為であり、重大な価値を失わせる行為なんかを認めるべきでないから、殺人は禁止されるべきと考えられます。


※1:殺人についてだけでなく、ダメなものはダメとしっかり教育することは当然大事ですが、思考力を鍛える訓練にもなりますし、何故ダメなのかしっかり考え、他人に説明することをした方が良いのではないかと個人的には思います。
※2:理由なんて特にないと言う人もいますが、誰もが納得いく理由こそないものの多くの人が納得するだけの理由ならあるのではないかと思いますし、一つの理由だけで完璧に説明する必要もないので(複数の理由から禁止すべきという結論を導いてもよいはず)、理由がないことはないと思います。「完璧な説明ができる一つの理由がない」という意味では正しい気がしますが。
※3:殺人が自由化したとしても、他人の目の監視がありますし、実際にはそこまで被害の数は増えないのではないかもしれません。
※4:詳しいことは、リバタリアリズムを勉強して学んで下さい。
スポンサーサイト

子どもに勉強させるために伝えた方がよい3つのこと

■子どもに勉強させるために伝えた方がよい3つのこと
 「子供に勉強させたいけど、してくれない!」というのは親によくある悩みのようですが、子どもが思うように勉強しないという問題で、私がいつも有効な説得になるのではないかと思っていることを書きたいと思います。

 世の中には、昔から勉強が好きで好きで仕方ないという摩訶不思議な人間も一定数いますが、そんな人間は稀有な存在で、大半の人間は子どものときから勉強が好きなわけではないので、勉強する明確な動機がないとなかなか勉強に力を入れないのが普通のことでしょう。
 知っておけば勉強する明確な動機付けができて、勉強する意欲が高まる可能性が高いと思われる3つのことについて簡単に述べたいと思います。 
 私自身、勉強よりゲームの方が遥かに好きな子どもでしたが、↓の3つのことに気づいてからは、まじめに勉強するようになりました。


1.技能の習得は早ければ早い方が良い
 当たり前のことですが、技能の習得は早ければ早いほど、その技能を有効活用できる期間が長いのでお得です。
 例えば、60歳で楽器を弾けるようになったとしても、楽器の演奏で他人を楽しませることのできる期間はせいぜい20年ですが、15歳で楽器を弾けるようになればその期間が65年にもなります。
 勉強も同じことで、本気で勉強して知識理解が身につけるのが早ければ早いほど、その知識理解を活かせる期間を延ばせますし、受験までに知識理解を積み重ね切れなかったという時間切れの心配が減ります。また、成績が伸びれば、親や先生・友人などの周りからの称賛が受けられる可能性が上がりますが、称賛を受けられる期間を延ばせると言う多大なメリットが得られます。


2.歳を取るごとに単純記憶の定着が難しくなり、15歳からは劇的にその能力が落ちる
 絶対音感の習得には年齢的な限界があるという話は有名ですが、記憶力の点でも15歳までと15歳からの単純記憶の能力は全く違うものになるため、早めに勉強しないと能力的な意味で間に合わなくなります。
 歳を取っても、記憶と記憶を関連付ける能力は落ちにくいため、関連付けの多さで単純記憶の能力の衰えを一定程度カバーできないわけではないですが、15歳ぐらいから記憶力が劇的に悪くなったという趣旨の発言をする人もそれなりにいますし、記憶力の優れている小学生や中学生のうちから勉強しておくと、暗記の点で苦労しにくくて良いのではないかと思われます。
 私の専門外なので細かいデータなどは載せていませんが、私自身は、脳科学の分野の研究を参考にどれだけの違いがあるかを見て、唖然として「今すぐ勉強しないと間に合わない」と危機感を感じたのを強く覚えています。


3.現代においても学歴は収入の期待値を上げる有効なツールであり、教育・学習は割の良い投資である
 現代のような就職難の時代では、有名大学出身者でも有名企業にすんなりと就職できるわけではありませんが、それでも有名企業に就職する人間の多くは有名大学出身者なのが実情です(有名大学出身でないのはスポーツガチ勢であることが多い。また、出世のことを考えると有名大学出身である方が遥かに良い。)。
 そもそも、有名大学に進学しないと、エントリーの時点で切られますし、大学に有名企業が説明会を開きにこないですし、OBOGの数が少ないために訪問もままなりません。
 もし、民間企業に就職せずに、公務員や資格試験の道などを選ぶにしても、有名大学であれば、優秀な仲間と切磋琢磨する機会が多く、優れた人脈も気づきやすいという多大なメリットがあります。
 出身大学によって平均収入は大きく変わりますし(東洋経済などの雑誌がたまに特集を組んでいるので見てみるとよいです)、大学入学までの一定期間に一生懸命努力するだけで、人生の可能性が大幅に広がると考えれば、現代でも学習は割の良い自己投資であると言えると思います。資格試験とは異なり、第一志望がダメでも第二志望というように切り替えやすいので、リスクも低いです。


 以上のことをしっかり頭に入っているか否かで、勉強のモチベはだいぶ変わってくるのではないかと思います。
 ただ、勉強ができなくても、容姿が極めて優れている(←羨ましい)、スポーツで功績をあげられる(←私も狙ったものの才能が足りなかった)、親のコネが使える、親が優秀でそもそも働く必要がないというのであれば、そもそも勉強する必要があまりないので、こういうことを意識する必要もないと思います。
プロフィール

FAMITUNE

Author:FAMITUNE
レトロゲームについてはやりこみプレイヤー、最近のゲームについてはヌルゲーマーの二刀流。
ゲーム(ドラクエ、パワプロ、音ゲー全般)や野球など趣味のことについて好き勝手語るためにブログを新設しました。
ここでは特殊攻略ではなく、普通攻略を書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
迷い猫の数(述べ猫数)
パワプロアプリまとめ
デレステまとめ
リフレクビートまとめ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。